ブロック塀で防犯対策

隣人や、通行人から家屋が容易に覗けるような位置にありますと、プライバシー保護が難しいものとなります。また、防犯面においても、仕切りがないと、安心した暮らしを送ることができません。そこで、ブロックを用いたコンクリート工事によってブロック塀を設置する人がほとんどではないかと思います。塀には、現場でコンクリートを打設するコンクリート塀もありますが、ブロック積によるコンクリート工事は、比較的安価にできますので、多くの人がコンクリートブロック塀で仕切るようになっています。また、コンクリートブロックは、比較的価格が安定していることも、採用する大きな理由となっています。そして、佐賀県は小型機械などの建設機械の発展によって、狭隘な場所でも人力ではなく、機械施工が可能になりましたので、値段が安価となっています。

コンクリート工事によるブロック塀を築造することで、プライバシー保護や、侵入者を事前に防止できますので、防犯面においても、有益なものとなっています。しかし、わが国は、全国至るところに分布しているといわれる活断層に起因した直下型地震に備える必要がありますが、過去に、地震によってブロック塀が倒壊したことで、多くの方が被害に逢っています。これは、コンクリート工事の基礎部に原因がある時があります。ブロック塀の基礎形状には、DIYでも可能な鉄筋を刺すだけのI型、そして、鉄筋を逆T型、L型に加工して、平らに転圧ができる基礎の二通りがあります。この中で、鉄筋を刺しただけでは、構造が非常に脆弱にあるため、地震に対して容易に倒壊することになります。佐賀県では、逆T型や、L型は、専門のコンクリート工事を請け負う業者が行いますので、安心した構造となります。このように、過去に地震被害に逢ったブロック塀がありますので、今後は耐震性能に優れたコンクリート工事によるブロック塀の築造が社会から要求されています。佐賀も自身の影響をうける可能性があることを考えて、建物を建築する場合は耐震強度も考えてつくりましょう。